KONOIKE × SDGs

SDGsとは?

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。時々エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

内容としては次のようなものです。

  • ミレニアム開発目標(MDGs)を基にして、この目標が達成できなかったものを実現することを目指す。
  • 全ての人々の人権を実現し、ジェンダー平等と全ての女性と女児の能力強化を達成することを目指す。
  • 統合され、不可分のもので、持続可能な開発の三側面、経済、社会、環境を調和させる。
  • 人類及び地球にとり極めて重要な分野で、向こう15年間にわたり、行動を促進する。

これらを踏まえ設定された、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲット(達成基準)で構成されています。
17の大きな目標は下記の通りです。

Sustainable Development GOALS

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

鴻池組とCSRの取り組み

鴻池組CSR報告書2020

CSR活動方針・推進体制

企業に対する社会からの要請が常に変化しつづける中、CSRに対する基本姿勢を明確にするため、
鴻池組は5つの活動方針を掲げています。

CSR活動方針
1.コンプライアンスの徹底とガバナンスの強化
2.働きがいの向上
3.CR活動によるお客様との共有価値の創造
4.地域社会との融和
5.環境負荷の低減と環境関連技術の練磨
CSR推進体制
鴻池組のCSR推進体制は、社長を委員長とし、関連役員をメンバーとする「CSR委員会」を中心に構築しています。同委員会は、CSRの取り組みに関する施策などの意思決定機関として、CSR推進活動の定着と継続を図っています。さらに「CSR委員会」の下部組織として「倫理·コンプライアンス委員会」、「リスク管理対策委員会」を設置し、CSR推進活動を総合的に実践する体制を整えています。また、CSR推進専任部署として経営戦略本部に「CR·CSR推進部」を設置し、CSR推進計画の策定、CSR推進体制の継続的改善、CSRに関するモニタリング、CSR関連委員会の運営、CSRに関する社内啓発活動など、専属者による部門横断の取り組みを企画、実行しています。

コンプライアンスの徹底とガバナンスの強化

鴻池組では、すべてのステークホルダーから信頼される企業を目指して、透明性の高い経営体制の構築に努めています。鴻池組CSR活動方針の第一に掲げる「コンプライアンスの徹底とガバナンスの強化」の実効性を高めるべく、様々な取り組みを行っております。

働きがいの向上

鴻池組では、建設業にとって喫緊の課題となっている「ワークライフバランス」と「ダイバーシティ」の推進について、それぞれ専門プロジェクトを立ち上げ、各種制度の整備やICTの活用による課題解決に着実に取り組んでいます。

CR活動によるお客様との共有想像

鴻池組では、お客様との信頼関係を築き、維持発展させる“CR活動”を推進しています。CR活動は、企業理念の三つの礎である「信頼」「貢献」「繁栄」を実践する鴻池組の行動指針であり、この活動を通じて社会からの信頼を築き上げ、「お客様に選ばれる会社」となることを目指しています。

地域社会との融和

鴻池組では、地域社会との融和を目指した各現場における活動を行っています。さまざまな地域に出向いて生産活動を行う建設業は、地域社会とのコミュニケーションや発展への貢献に大きな責任を負っています。

地域社会との融和

鴻池組では、地球環境の保全や事業活動が環境に与える負の影響の軽減について、意欲的な目標を掲げ取り組みを行っています。 鴻池組の取り組み内容である、環境に対する負荷の軽減と、環境に関連する技術をご紹介します。

株式会社鴻池組(大阪市、社長 蔦田守弘)は、国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の枠組みに則り、環境・社会に高い次元で配慮した経営を行う姿勢を明確にすることで企業価値の向上を図ることを目的に、KONOIKENext Vision [ for SDGs ]を策定しました。
その他、社会の安心・安全に貢献する分野と従業員や協力会社の方々の働きがいと安心に貢献する分野にも長期目標を定め、つまりは、「地球環境」「住環境」「労働環境」の3つの側面で、今後約10年の月日をかけ当社が到達すべき姿を示すものとなっています。

KONOIKE Next Vision [for SDGs]

地球環境の保全
◆脱炭素社会実現のために

施工段階のCO₂排出量(原単位)を1990年度比で半減
(2050年には実質ゼロ)

事業で使用する電力の80%を再生可能エネルギーで発電・調達
(2050年には100%以上)

◆循環型社会実現のために

建設廃棄物のリサイクル率100%、廃プラスチックゼロ

◆自然共生社会実現のために

環境関連事業の売上高を事業全体の30%まで拡大

地球環境の保全
◆安全安心な社会実現のために

災害対策およびインフラ老朽化対策技術の新規実用化20件

再生可能資源の活用と建物のゼロエネルギー化に関する技術の新規実用化20件

労働環境の充実
◆働きがい溢れる職場実現のために

従業員満足度調査「総合満足度」、前年度実績以上の継続

労働災害度数率0.15以下