冬の工事現場ってどうなっている?〜工事の進捗編〜

2021.1.9

前回は主に作業されている方の服装などについて書いていきましたが、
今回は工事進行などについて書いていきたいと思います。

写真にはあまり映っていないですが、
養父市では雪が降っており、
今シーズンではすでに20〜30センチほど積もっていた日もあるそうです!!
雪が降りすぎていると作業内容によっては作業ができないという日もあるそうです・・

工事現場の送風機

現場の状況に応じて、バーナーで雪を溶かしたり、上記の写真のような送付機などを用いて濡れている場所を乾燥させてから作業を行うそうです。
次の日の天気予報もチェックして雪予報であれば、
危険であるという観点などから作業をしない日もあるようです。

また、この送風機はピットと呼ばれる地下で作業する時になど
空気の入れ替えが必要な場所などで作業する際に
酸素を送り出すために使ったりすることが多いそうです!!

雪で作業ができない日の遅れはどこかで巻き返すそうで、
その行程を見直す作業もとても大変そうですよね・・・